ブログトップ

バーデンバーデンのブログ

badenbaden.exblog.jp

マレーシア 4都市周遊

2015年7月2日(木)~7日(火) 4泊6日
ペナン島に行けるとあって、非常に楽しみにしていたのですが・・・・・
一日5-7時間バスでの移動で目的地まで行き食事をして寝る・・の繰り返し。
夢のペナン島には夕刻着いてホテルに泊まり、午前中まだ活動していないインド人街を見て、チョロッとその辺を見てから早めの昼食、すぐに他の目的地へバス移動。

JAL 機内食
f0214327_14374482.gif

アイスクリームが付いて・・
f0214327_1438637.gif

ワインがついて・・
f0214327_1438195.gif

こんな機構行程で
f0214327_14404297.jpg

着いたらすぐお食事!
f0214327_1442155.jpg

ホテルは繁華街のど真ん中。
ベルジャタイムズスクエア
f0214327_14455571.jpg

ホテルの隣には大きなスーパーフードコート
f0214327_14452758.jpg

f0214327_14464644.jpg

お部屋は広くて立派
f0214327_14484218.jpg

「2日目」
食後、王宮
f0214327_14544484.jpg

国家記念碑
f0214327_14552711.jpg

ペトロナス7ツインタワー等見学
f0214327_14555932.jpg

早めの昼食を・・
f0214327_1457467.jpg

ここから、思いもよらぬ、・・バス移動・・6時間。
夕刻ペナン着・・・すぐ食事
f0214327_1503713.jpg

f0214327_1505839.jpg

すぐホテルに向い…
凄く見晴らしの良い海辺のリゾートホテルの14階
雨だがベランダからの景色が見事!
f0214327_1543950.jpg

f0214327_155619.jpg

見下ろせば、真下に小さなコンビニ
ビールを買った! 12%、日本には無い!
いい気になって飲みすぎた。 つぎの日まで気分が悪い
f0214327_15101763.gif

「3日目」
早朝から、ペナン島内
コンウォーリス砦や
f0214327_1515188.jpg

インド人がいなど
f0214327_15155471.jpg

f0214327_15161990.jpg

壁にはこんな絵が・・
f0214327_1517327.jpg

・・・で、飲茶をたべて、バスに乗る。  2時間半
着いたのが、ブキットメラー・・と言う、湖のほとり。
f0214327_15263393.jpg

人口島ががある
オランウータンは泳げない。保護島になっている 
(おいらと同じだ!) 
f0214327_15295221.jpg

f0214327_15302741.jpg

見学者は檻の中。
f0214327_15313460.jpg

マレーシアナ暑いよ、33度c  赤道直下。
食後バスに揺られて3時間半、
f0214327_1540244.jpg
 
マレーシアの山間部、キャメロンハイランド
何と 気温は8度c・・寒い!  鍋だっ!
f0214327_15415822.jpg

山の中にこんなホテルが!
f0214327_15425119.jpg

町?部落には、こんな車 トヨタカローラ、1970年代?
f0214327_1545268.jpg

f0214327_15454645.gif
f0214327_15461241.gif

キャメロンハイランドは、お茶と野菜の産地
f0214327_15473194.jpg
f0214327_15475091.jpg

クアランプールの最初のホテルに向かうこと4時間
f0214327_15521252.jpg

「5日目」
マラッカに向かう  漢字で”馬六甲”・・と書く。
f0214327_15514865.jpg

オランダの植民地だったとか
オランダ広場
f0214327_15533436.jpg

なるほど、運河がある
f0214327_15541332.jpg

観光用の人力車・・
派手に”キティーチャン”で飾られている。
f0214327_1556459.jpg

蝋筆小新・・クレヨン新ちゃんだ! 
中国人環境客がうれしそうに乗っている!
f0214327_15574960.jpg

街中は寂しい限り
f0214327_15594144.jpg

帰国は真夜中。
またまたばすで4時間
途中のドライブイン
ドリアンを食べる。 いやぁー うまい!
臭いチーズに、甘いエヴァーミルクを和えたような、・・味
f0214327_1621662.jpg

f0214327_163857.jpg

f0214327_1641564.jpg

フライトの時間調整で、
海外初の「三井アウトレット」 まだプレオープン
f0214327_1682286.jpg

和食もある
f0214327_169341.jpg

最後に、ガイドの馬さん、ご苦労さん
f0214327_16101335.jpg

食事は基本的に中華料理主体で、異国の風を感じました。
大変楽しめ、おいしかった。
多言語を話す国柄、ガイドは5日国語も話す。
日本に来たこともないのに日本語を学校で2年間だけ習っただけという。
特に上手ではなかったが通じる。
環境というものはこれほどちがうものか!嗚呼!

[PR]
# by toshibaden | 2015-08-21 16:23

創業満35年 感謝

35年間無事に過ごしてまいりました。
ひとえに感謝です。
沢山の方々から、お祝いにと大変立派な
お花、ご祝儀、ご祝辞を頂戴いたしました。
お代を頂戴した上に・・・
心苦しさでいっぱいです。
涙が出ます。
網田光雄様ファミリーから
f0214327_1939257.jpg

青井博幸様ご夫妻から
f0214327_19395799.jpg

山下順二ご夫妻から
f0214327_19403877.jpg

中島覚ご家族から
f0214327_19412179.jpg

笹井冨士夫ご夫妻から
f0214327_1943043.jpg

江波戸秀紀ご夫妻から
f0214327_19435579.jpg

橘正道、光子ご夫妻
大山定和;芳子ご夫妻
広瀬輝子様
その他大勢の方々からご祝儀ご祝辞を頂戴致しました。


本来なら定年退職年齢と思われますが
未だ体力は残っております。
仕事に、旅行に
無理をせず、気ままにお付き合いをさせて戴きます。
一度しかない人生”たのしくやろうぜ!”



[PR]
# by toshibaden | 2015-03-23 20:00

石垣島ー西表島

一月26(26)-28(水)羽田から全日空3時間半空の旅
羽田空国で見かけた
“空弁”・・ん? カラベン?アキベン?そらべん?・・何だこりゃー
昼飯時の空の便。
食事付き、アルコール付きを期待!
”国内線はなにもでない!”
甘かった(^^;) 国内線は初めてだった。
後で気が付く”寝小便”
残念!  石垣島空港で空腹満たす「ソーキソバ」
何だこのスープは!
青魚のダシだろか?
家内、友人共々4人。”ソバにうどんにラーメン。
汁は、殆ど、似たり寄ったりの味
何とまずいの、まずくないのって! どっちだ!
f0214327_9351461.jpg

f0214327_9362023.jpg

一般家屋で二階建は、4面にひさしのようにベランダが出ている。
f0214327_9385489.jpg

泊まったホテルは石垣港のすぐ近く。
f0214327_941876.jpg

f0214327_942241.jpg


朝食は、“ビュッフェ バイキング”
f0214327_9445964.jpg

f0214327_94551100.jpg

早朝、こんなワンちゃんと出会う。
名を”真央ちゃん”
腰骨損傷・・とか! (><);
f0214327_1552111.jpg


ホテルのフロントにいた女性
言葉づかい、接客への気遣いが素晴らしい
聞けば、経営陣の一人だと言う・・・
f0214327_15445767.jpg

ここにも、もう一人;
配膳係の女性の目配り、気配り接客の対応が早い。
これも経営陣の一人か?
f0214327_9491075.jpg

夕食はtvや雑誌で取り上げられている・・と言う有名店?
”琉球の爺” いわゆるこっちの居酒屋。
1Kg1万円もする「塩」で食べる”にぎり寿司”
やはり醤油の方が美味い
f0214327_1604197.jpg

ゴーヤチャンプル 
f0214327_1623181.jpg

青菜の炒め物
f0214327_163472.jpg

島豆腐の厚揚げ¥460.-
f0214327_1652672.jpg

八宝菜?
f0214327_1671413.jpg

どちらかと言うと、殆ど中華系

西表島 仲間川ジャングルクルーズ」
始めてみる”マングローブ
f0214327_1610935.jpg

由布島に牛車で向かう
f0214327_16155826.jpg

御者は三線でもてなしを!
f0214327_16145133.jpg

更に、「竹富島牛車観光」
ここでも三線
f0214327_16213597.jpg

f0214327_16181023.jpg

f0214327_16204439.jpg

f0214327_1622375.jpg

夜は沖縄民謡の踊り見学と食事
f0214327_1625587.jpg

帰国直前・・・元へ!
飛行機の出発時間まで石垣島半日観光。
平川湾  とても海の水がキレイ!
f0214327_16333052.jpg

グラスボートで水中のサンゴ礁を見る
f0214327_16303273.jpg


玉取崎展望台
右が「太平洋」
f0214327_1646888.jpg

左が「東支那海」
f0214327_1638117.jpg

観光の食事は ・・・
こんな感じ。 
f0214327_16404753.jpg

折悪しく、雨模様に恵まれ?・・たが、
気分は悪くなかった。
地元の方々は、観光客に熱心。
折を見て今度は隣の島へでも!
[PR]
# by toshibaden | 2015-03-22 16:46

Sherry & Jamie Cooper visit to Japan

October 9-16 20015
アメリカはアッパーミシガンのものすごく小さな村から初めての海外旅行。
Sherry Cooper 年齢69歳。
娘のJamie はダラスにて勤務。東京の会議に出席の為来日35歳.・・・と言うので母親も便乗。
この二人、20年近く前に私の娘の留学先のHost family 。
日本への旅は大変な不安に駆られた模様で、頻繁にメールにて問い合わせがあった。(笑)
特に電車の乗り方、及び言葉の不安。
成田に着いて英語での表示が多いので安心した模様
以後は我々の誰かと行動。
大変な喜びを土産に無事帰国の途となった。


到着、我が家で夕食。
f0214327_1534341.jpg

初めての電車に乗る。
f0214327_15353838.jpg


築地の魚市場に行った。
f0214327_15371156.jpg

f0214327_15381279.jpg

f0214327_1539348.jpg

浜離宮も切望しており、築地の隣は好都合。
f0214327_15415414.jpg

f0214327_15424365.jpg

午後からは、半日のハトバス英語ガイドツアー
f0214327_15444629.jpg

まずは浅草
f0214327_15453862.jpg

次はスカイツリー
英語のガイドさん・・・ゴクロウサン!
f0214327_15464567.jpg

f0214327_15482261.jpg

ハトバスツアー終了後
秋乃と落ち合い、錦糸町のの居酒屋で「しゃぶしゃぶ」・・体験。
Japanese "Hot-pot" 大変な楽しみ方。
f0214327_15514514.jpg

帰国前夜、
テンプラ・・との希望あり、
面倒なので、私が自分店で作って振る舞う
大変は食欲と感激には・・・・嬉しかったァー
f0214327_160693.jpg

翌日娘が成田まで”見送り“。
この先、お互い・・二度と会うこともままならぬであろう・・と思えば、胸が熱くなる。
[PR]
# by toshibaden | 2015-03-05 16:07

アラブ首長国 3泊6日

聴くと見るとでは大違い
アラブ首長国とは、アラビア湾に面した、7つの部族から出来ていて、北海道位の大きさ。その80%を「アブダビが占め、ドバイは8%、残りが他の5つの国。
現在石油が出ているのはアブダビだけ。この石油だけでアラブ首長国が食べている。
(日本はこの石油に頼っている)(世界の石油生産の3%とか)
依って、アブダビがこの首長国の主


9月1日(月)-6日(土)
フライトが21:20なのでランチ営業を終了後のんびり18:00車で家を出た。
いつものように、1泊¥500.-のgogoパーキング来たら、真っ暗だ。
大慌てで他を探すが閉まっている。
家まで戻る時間も無い。”どうしよう”
やっと空いてるUSAパーキング。
1泊¥1,700.-プラス保険金。
出発時から”大チョンボ”。久し振りの”冷や汗タラタラ”間に合ったぁ。

初めての添乗員付きの旅行。
アブダビ国のエティハド航空:12時間の道中。
さっそく赤ワイン2杯、ツアー客は文句なく一番後ろ。
回ってくる機内食は選べるjほど残ってない。
ぐっすり眠る。

早朝4時半頃より、アブダビ観光

(アブダビは小さな島を首都にしている)

3,000人が入るモスク、内部は24金の金で飾られているという。
f0214327_14522611.jpg

島の対岸に見える高層ビル群。
f0214327_1514885.jpg

無造作に有るフレッシュオレンジジュース自販機
何と! 生のオレンジが半分、機械が絞って提供する。
f0214327_1544818.jpg

自販機のアップ
f0214327_1551670.jpg

アブダビの日の出 (何か変だ!)(明るさが足りない)
f0214327_1571156.jpg

アブダビのレストランで朝食ビュフェ。
豚肉は一切なし。豊富で美味しい。
f0214327_1512999.jpg
 
西に向かって、砂漠をバスで行くこと130km(約3時間)
アブダビの大統領(酋長)の生家アルアインへ
f0214327_1517138.jpg

生家の中庭(気温は既に40度だが木陰は涼しい)
f0214327_15222348.jpg

オアシスの町
今は枯れているが、井戸
f0214327_15194180.jpg

ラクダ市(サウジアラビアの人が買いに来る)
ラクダは”家族”・・だと言うが・・・
労働後は食用に!
f0214327_1533837.jpg


南東に向かって130km、約3時間、
いざ ”ドバイ”へ。  見えてきた!
f0214327_15364034.jpg

ドバイ 片側9車線 (目算できない!)
f0214327_1542472.jpg

ドバイ近代建築
3年前に7.8の地震が有った。被害ゼロ。
(推測)地価の砂が揺れを吸収した?
f0214327_1540511.jpg

宿泊は、Holiday Inn Bar Dubai` 4ツ星 
5階建てで小さいが、清潔で綺麗
ロビー その後ろが吹き抜けでBuffet Restaurant
f0214327_1815765.jpg

f0214327_18181880.jpg

15種類位の温製料理と冷静料理と色々なパン、瑞々しくて美味しい生野菜にフルール。
f0214327_18245754.jpg

f0214327_18295128.jpg

ホテルにはなぜか北朝鮮のパブが・・・・
f0214327_18315641.jpg

ジュメラビーチ (勿論、埋め立て。水がとてつもなく綺麗!)
奥に見えるのは、帆掛け舟の形のホテル。
f0214327_18343834.jpg

人口島 パームアイランド
世界唯一の七つ星ホテル。
f0214327_183864.jpg

金の自動販売機・・がある。
f0214327_18375443.jpg

UAE唯一の産物「なつめ椰子」 一本の木から10kg取れるという。
f0214327_18435913.jpg

スパイスと金のスーク(マーケット)
浅草の仲見世位の所全体が金の専門店。”ビックリ!”
f0214327_18474771.jpg

f0214327_18474180.jpg

何しろ“建国44年” 以前は砂漠の移動民族。
50年前の遺跡?・・は、有るにはある。
f0214327_18532691.jpg

世界一高い”ブルジュ・ハリファ828m。
全体の模型
f0214327_18571366.jpg

展望台は、452m。 見下ろす下界
つい最近まで砂漠であったのだ!
f0214327_18574152.jpg

100階以上の建物が、まるでオモチャのよう!
f0214327_190960.jpg

UAEで一番小さい国、アジマン 市場に行くと・・・
f0214327_1943791.jpg

野菜や魚が豊富
f0214327_1951862.jpg

買った魚は彼らが下す
f0214327_1961659.jpg

4WDで砂漠サファリ (砂漠に入る前に車の空気圧を下げる)
f0214327_1995046.jpg

まるでジェットコースター
f0214327_19133578.jpg

砂漠の真ん中でコーヒーブレイク
f0214327_19145225.jpg

オアシスでは、ラクダに乗る
f0214327_1917213.jpg

ヘナタツーもやってみた
f0214327_19182059.jpg

唯一インド洋に面した フジャイラ国、
アブダビからパイプで350km。日本に向かう石油を運ぶ港で潤う
f0214327_19271457.jpg

砂漠にできた人工の緑:高級ホテル:高級ビーチ
f0214327_19292581.jpg

f0214327_19305078.jpg

どこへ行っても全て、ビュフェ。 
豊富:美味:清潔
f0214327_19331620.gif

f0214327_1933113.jpg

トイレも清潔:快適;依って快便?
f0214327_1934275.jpg

アブダビの飛行場ゲ^-トの形もどこか違う。
f0214327_19374952.jpg

搭乗ゲートでの、二度目のボディーチェックは厳しい。
f0214327_19402990.jpg

絢爛豪華な搭乗待ち店舗
f0214327_19411010.jpg

現地ガイドのフセイン氏は、イスラム教スンニ派
f0214327_201509.jpg

ETIHADとは、。”統一”とか。
f0214327_205279.jpg

イスラム教の国は、アルコールを飲まない。
ホテルやレストランでは、外国人用にビールくらいは置いてあるが、飲む習慣がないので、こちらのタイミングで提供してくれない。
又、べらぼうに高い。
、一杯、多い所で450cc、少ない所で330cc。1,000円から1,300円。
水は海水を濾過し、水道にしており、基本的に飲み水。
町には緑が有り全てこの水を使う人工水。日本の技術だそうだ。
その水を石油を使い電気をおこす。
ドバイの人間は国家公務員。会社は国営。
税金はない。一人一台車を持ち、その半分は日本のトヨタの新車。
都会なのに人は歩いていない。
横断歩道がない。バスも自転車も無い。
土産と言うものを作っていない。
セブンイレブンなどはない。スーパーも無い。
有るのはモール・・のみ。
八割の外国人労働者は、どのように生活しているのであろうか?




他の5つの国はアブダビやドバイより物価が安いそうなのでそこから通勤している人が多い・・とのこと。
面白いことを学びました。
彼らの名前に”苗字”はない。
お爺さんの名前+父の名+自分の名・・で、三つ続けて、本名となる。
面白かった。

食事は、期待していなかった分”最高”
せかいの高級品が全てそろっている。
日本のリンゴもあった。
又行ってみたい・・。は家内談

[PR]
# by toshibaden | 2014-10-06 15:46