ブログトップ

バーデンバーデンのブログ

badenbaden.exblog.jp

<   2014年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

アラブ首長国 3泊6日

聴くと見るとでは大違い
アラブ首長国とは、アラビア湾に面した、7つの部族から出来ていて、北海道位の大きさ。その80%を「アブダビが占め、ドバイは8%、残りが他の5つの国。
現在石油が出ているのはアブダビだけ。この石油だけでアラブ首長国が食べている。
(日本はこの石油に頼っている)(世界の石油生産の3%とか)
依って、アブダビがこの首長国の主


9月1日(月)-6日(土)
フライトが21:20なのでランチ営業を終了後のんびり18:00車で家を出た。
いつものように、1泊¥500.-のgogoパーキング来たら、真っ暗だ。
大慌てで他を探すが閉まっている。
家まで戻る時間も無い。”どうしよう”
やっと空いてるUSAパーキング。
1泊¥1,700.-プラス保険金。
出発時から”大チョンボ”。久し振りの”冷や汗タラタラ”間に合ったぁ。

初めての添乗員付きの旅行。
アブダビ国のエティハド航空:12時間の道中。
さっそく赤ワイン2杯、ツアー客は文句なく一番後ろ。
回ってくる機内食は選べるjほど残ってない。
ぐっすり眠る。

早朝4時半頃より、アブダビ観光

(アブダビは小さな島を首都にしている)

3,000人が入るモスク、内部は24金の金で飾られているという。
f0214327_14522611.jpg

島の対岸に見える高層ビル群。
f0214327_1514885.jpg

無造作に有るフレッシュオレンジジュース自販機
何と! 生のオレンジが半分、機械が絞って提供する。
f0214327_1544818.jpg

自販機のアップ
f0214327_1551670.jpg

アブダビの日の出 (何か変だ!)(明るさが足りない)
f0214327_1571156.jpg

アブダビのレストランで朝食ビュフェ。
豚肉は一切なし。豊富で美味しい。
f0214327_1512999.jpg
 
西に向かって、砂漠をバスで行くこと130km(約3時間)
アブダビの大統領(酋長)の生家アルアインへ
f0214327_1517138.jpg

生家の中庭(気温は既に40度だが木陰は涼しい)
f0214327_15222348.jpg

オアシスの町
今は枯れているが、井戸
f0214327_15194180.jpg

ラクダ市(サウジアラビアの人が買いに来る)
ラクダは”家族”・・だと言うが・・・
労働後は食用に!
f0214327_1533837.jpg


南東に向かって130km、約3時間、
いざ ”ドバイ”へ。  見えてきた!
f0214327_15364034.jpg

ドバイ 片側9車線 (目算できない!)
f0214327_1542472.jpg

ドバイ近代建築
3年前に7.8の地震が有った。被害ゼロ。
(推測)地価の砂が揺れを吸収した?
f0214327_1540511.jpg

宿泊は、Holiday Inn Bar Dubai` 4ツ星 
5階建てで小さいが、清潔で綺麗
ロビー その後ろが吹き抜けでBuffet Restaurant
f0214327_1815765.jpg

f0214327_18181880.jpg

15種類位の温製料理と冷静料理と色々なパン、瑞々しくて美味しい生野菜にフルール。
f0214327_18245754.jpg

f0214327_18295128.jpg

ホテルにはなぜか北朝鮮のパブが・・・・
f0214327_18315641.jpg

ジュメラビーチ (勿論、埋め立て。水がとてつもなく綺麗!)
奥に見えるのは、帆掛け舟の形のホテル。
f0214327_18343834.jpg

人口島 パームアイランド
世界唯一の七つ星ホテル。
f0214327_183864.jpg

金の自動販売機・・がある。
f0214327_18375443.jpg

UAE唯一の産物「なつめ椰子」 一本の木から10kg取れるという。
f0214327_18435913.jpg

スパイスと金のスーク(マーケット)
浅草の仲見世位の所全体が金の専門店。”ビックリ!”
f0214327_18474771.jpg

f0214327_18474180.jpg

何しろ“建国44年” 以前は砂漠の移動民族。
50年前の遺跡?・・は、有るにはある。
f0214327_18532691.jpg

世界一高い”ブルジュ・ハリファ828m。
全体の模型
f0214327_18571366.jpg

展望台は、452m。 見下ろす下界
つい最近まで砂漠であったのだ!
f0214327_18574152.jpg

100階以上の建物が、まるでオモチャのよう!
f0214327_190960.jpg

UAEで一番小さい国、アジマン 市場に行くと・・・
f0214327_1943791.jpg

野菜や魚が豊富
f0214327_1951862.jpg

買った魚は彼らが下す
f0214327_1961659.jpg

4WDで砂漠サファリ (砂漠に入る前に車の空気圧を下げる)
f0214327_1995046.jpg

まるでジェットコースター
f0214327_19133578.jpg

砂漠の真ん中でコーヒーブレイク
f0214327_19145225.jpg

オアシスでは、ラクダに乗る
f0214327_1917213.jpg

ヘナタツーもやってみた
f0214327_19182059.jpg

唯一インド洋に面した フジャイラ国、
アブダビからパイプで350km。日本に向かう石油を運ぶ港で潤う
f0214327_19271457.jpg

砂漠にできた人工の緑:高級ホテル:高級ビーチ
f0214327_19292581.jpg

f0214327_19305078.jpg

どこへ行っても全て、ビュフェ。 
豊富:美味:清潔
f0214327_19331620.gif

f0214327_1933113.jpg

トイレも清潔:快適;依って快便?
f0214327_1934275.jpg

アブダビの飛行場ゲ^-トの形もどこか違う。
f0214327_19374952.jpg

搭乗ゲートでの、二度目のボディーチェックは厳しい。
f0214327_19402990.jpg

絢爛豪華な搭乗待ち店舗
f0214327_19411010.jpg

現地ガイドのフセイン氏は、イスラム教スンニ派
f0214327_201509.jpg

ETIHADとは、。”統一”とか。
f0214327_205279.jpg

イスラム教の国は、アルコールを飲まない。
ホテルやレストランでは、外国人用にビールくらいは置いてあるが、飲む習慣がないので、こちらのタイミングで提供してくれない。
又、べらぼうに高い。
、一杯、多い所で450cc、少ない所で330cc。1,000円から1,300円。
水は海水を濾過し、水道にしており、基本的に飲み水。
町には緑が有り全てこの水を使う人工水。日本の技術だそうだ。
その水を石油を使い電気をおこす。
ドバイの人間は国家公務員。会社は国営。
税金はない。一人一台車を持ち、その半分は日本のトヨタの新車。
都会なのに人は歩いていない。
横断歩道がない。バスも自転車も無い。
土産と言うものを作っていない。
セブンイレブンなどはない。スーパーも無い。
有るのはモール・・のみ。
八割の外国人労働者は、どのように生活しているのであろうか?




他の5つの国はアブダビやドバイより物価が安いそうなのでそこから通勤している人が多い・・とのこと。
面白いことを学びました。
彼らの名前に”苗字”はない。
お爺さんの名前+父の名+自分の名・・で、三つ続けて、本名となる。
面白かった。

食事は、期待していなかった分”最高”
せかいの高級品が全てそろっている。
日本のリンゴもあった。
又行ってみたい・・。は家内談

[PR]
by toshibaden | 2014-10-06 15:46